血流改善のポイントは、適度な運動とともに、酵素と、酵素の働きを補佐するミネラルを積極的に補給することです。

FrontPage

血流改善の要は、酵素とミネラルの摂取と体温を上げること

冷え性(冷え症)を判定する目安としては、朝起きた時の体温が36度5分以下の人です。
体温が低いと体内に活性酸素が多くなって、酵素が少なくなります。そうなると新陳代謝が衰えて免疫力が低下し、病気が治りにくい体質になり、ガン細胞も発生しやすくなります。
冷え性の人は、腸内に酸性腐敗便が貯まりやすくなり、便秘をしがちです。さらに寝つきが悪い、睡眠がうまくとれないという症状を訴える人もいます。
体温が上がり血流が改善されれば免疫力が上がり、体の調子が良くなっていきます。
食事は、マグネシウムを意識したミネラルバランスの改善と酵素を増やす食品の摂取がポイントです。
さらに、有酸素運動などによって体温を上げ、胃や腸を冷やさないことです。

マグネシウムの摂取で血流改善

飲料水中や土壌中にマグネシウム濃度が低い地域では、癌の発症率が高いことが知られています。
現代人の食生活は、カルシウム過多、マグネシウム欠乏になりやすい傾向があります。
血液中のカルシウム濃度が過多になると血液がドロドロになります。
マグネシウムとカルシウムは補完関係にあり、体内にカルシウムが過多になるとマグネシウムがそれを抑制する働きをします。
マグネシウムを多く含有する食品は玄米や、そば、海藻、豆類などです。

酵素の摂取で血流改善

味噌、納豆、ぬかみそ漬け、納豆などの発酵食品には酵素が多く含まれています。
酵素は生命の要であり、あらゆる生物は酵素が完全に無くなれば一秒足りとも生きていくことができません。
その酵素は亜鉛やマグネシウムなどのミネラルと力を合わせることによって、機能します。
血流改善のためには、酵素の積極的な摂取と、バランスの良いミネラル摂取が望まれます。

画像の説明酵素ドリンク ファスティングプレミアム
杏林予防医学研究所開発、マグネシウムにこだわったミネラル酵素です。標高千メートル以上、昼夜の温度差が激しいモンゴルで採取された生命力の強い乳酸菌を使用しています。
詳しくはこちら


食物繊維で血流改善

腸内に滞留している酸性腐敗便は、腸内に悪玉菌を増やし、酵素を現象させてしまいます。
食物繊維の多い食べ物を摂取して腸の環境を整えることが大切です。

食べ物で体温を上げよう

体を温める食品として生姜湯(しょうがゆ)が流行っています。
ダイコン、ゴボウ、ニンニク、ネギなどの野菜を摂ることも体温を上げる効果があります。

血液の流れを良くするサポート商品

麻靴下5本指の麻靴下
足先の冷えの原因のひとつに足指間の汗があることが言われ、5本指の靴下が話題ですが、特におすすめしたい靴下の素材が、吸水速乾性、消臭性に優れたヘンプ麻です。
詳しくはこちら
電磁波美波動 Bhado)))
Bhado)))の「生体への温熱効果」についての試験測定を第三者機関「遠赤外線応用研究会」にて実施していただき、多くのお客様の声を裏付ける結果が出ました。
詳しくはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional